三平楽住楽庭 一枚の壁

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■


一枚の壁

第1弾
この度新しく始まる活報は、三原市城町でミサワホームさんが分譲しています住宅の、エクステリア工事です。
まだ、売れていないので施主様はおられません・・・
が、どんな人が住む事になるのかな〜?とか、何歳ぐらいの方で、どんな使い方をされるのかな〜?なんて妄想を膨らませながら、デザインをしました。

本日より掘り方に入りましたので、形はまだ無いですが、徐々に紹介をさせて頂きます〜。

そしてこちらが、建物の裏側です。
おーーーーーっと!後ろは海か?川か?
確か、ココは海のはず。毎日家から釣りが出来ますよ〜、ってわたくしめ釣りの事が良く分からないので、この状況が良いのか悪いのかは良く分かりませんが、楽しそうじゃありませんか?

第2弾
門柱が出来上がってきています。

全体的にシンプルな雰囲気に仕上げるため、門柱は打ちっ放し風の壁にしています。
出来るだけ色物を使わず、コンクリートやモルタルで仕上げていきます。
床も、階段の蹴上げのみ煉瓦を使いますが、その煉瓦の色も黒っぽい物を使います。

裏のテラスはどうなったでしょ〜!

ジャジャジャーーーっと、もう既に出来上がってきていますよ〜

外壁の色っぽい色に合わせ、こんなタイルを貼りました。
そうなんです!ここから、釣りが出来ます!

釣れるかどうかは、釣りをしないわたくしめには分かりませんが、まさに「プライベート海」?なんて言っていいのか分かりませんが、「海独占」みたいな事が言いたかったわけで・・・

奥様「あなたーー! 今晩のおかずは、魚よーー!」
旦那様「わかったよ〜、テラスの上からポイッとしておけば釣れるからな〜! 何がえんか〜?」
奥様「今晩は、鯛の刺身にするから、大き目のを2匹頼むわ〜」
旦那様「了解〜」
なんて、上手くはいかないでしょうが・・・
ですが、小春日和の休日に、ぼーっと海を眺めながら過ごす、このテラス良いかと思いますよ〜
どうですか?この家お買い上げ?
そんなこんなで、次回は植栽工事に入ります〜。

第3弾

左官のセトッチのこだわりの「打ちっ放し風しあげ〜」
ま、本乾きではないので、色がはっきり出ていませんね。
コンクリートの打ちっ放しではないのですが、左官さんの腕前で、どこから見ても打ちっ放し!で仕上げています。

打ちっ放しは、格好が良く強度も有ります、が少々割高になります。
それに、仕上がりが、型枠をはずして見ないと分からない・・・、そこで、強度がコンクリート擁壁ほど必要なければ、こうやって職人の技で造っても面白いのではないでしょうか?
色々と打ちっ放しでは出来ない小技も使えますしね(^_^)v
テラスも完成して、土が入っている所へは植え込みが入ります。
当初、この海面にウッディーフェンスを取り付ける予定でしたが、このテラスをどんな風に使うかは、入居された方が決められるので今回は施工しません。

ですよね〜、このテラスから満潮の時はダイブする人かもしれませんし、海沿いの会社へ通勤される方は、毎朝ここから飛び込んで通勤されるかもしれませんからね〜。
そんあな人だと、飛び込み台を作って〜なんて注文が入るかも!
設計しとかなくちゃ(^^ゞ
第4弾
植え込み完了〜
生垣がまだ、新芽を吹いている最中なので存在感がないですね・・・
この門柱は、例の「打ちっ放し」風の壁です。
今回もなかなか良い出来で、本物そっくりに出来上がっています。わたくしめも、現地行って見て、「あれ?ここの工事は打ちっ放しだったかな〜」なんて一瞬悩んでしまいました (;一_一)
駐車場はこんな感じで〜
建物側は、犬走りを兼ねて、車のタイヤが通る所だけをコンクリートにしました。
こういったデザインは奥に長く見えるでしょ! ちょっとした小細工?がされています。
広く見せたり、長く感じさせたりするのは、造園やエクステリアのテクニックで良く使います(^_^)v
そうそう、最近良く使う「苔」
コンクリートなどの目地に何を植えるか?一般的には「玉竜」が多いですかね? 少し変わった所で「芝生」や「ディコンドラ」などなど、ですが今回は「苔」です。
落ち付いた感じで、個人的には好きです。
この苔は、日当たりの良いところを好むもので、少々枯れても復活するの扱いやすいです。