三平楽住楽庭 気になる中庭

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■


気になる中庭

第1弾

工事前の状態です。
建物が平屋で、外観デザインに特長が有るので、エクステリアでも外観を引き立てるようにデザインしていきます。
右側の駐車スペースは既に工事済でした。
中庭と来客用の駐車場の仕切りを作りつつ、門柱もデザインします。

仕切りの塀と門柱です。
この二つの塀を繋げずに、隙間を造り圧迫感を無くします。
形も斜めにピヨ〜ンと傾けてます。(^_^)v

そして、下地ができました。

さ〜てどんなに仕上っていくかな〜(^^ゞ

第2弾
壁の塗り壁で仕上げ、段々と雰囲気が見えてきました。
建物のデザインを意識したエクステリアなので、形や色を近い物にしています。な〜んとなく雰囲気が見えてきまいした。
駐車場のコンクリートを打設中ですね。
アプローチは、小さな小粒の石を接着剤で固めた材質の物ですが、今回は色に特長があります。
特長と言うより、あまり使われない色の石を使っています。
玄関に貼っているタイルの色が、なんとも言えず落ち着いた感じでまとまっていたので、この色を提案した所、施主様も同感で気に入っていただき施工になりました。

そしてこれは中庭の園路です。
形の不揃いの煉瓦で何気ない園路を演出します。園路は、実際に歩くための物ですが、どんな形であれ庭の中に園路が有ると、ストーリーが見えてきます。
どこへ繋がっていて、途中どんな物が有り(花壇やテラス)、どんな物が見えるのか?などフと考えてしまいますよね?
そして、なぜか歩いて見たくなるのですよね〜。

どんな形、素材であれお宅の庭に園路を造ってみてはどうですか〜?
川原に行って、平たい石を拾ってきて並べるだけでもOKだと思いますよ〜。

第3弾
この度は完成写真になります。

天気の良い空がバックで、エクステリアもカッコ良くみえますね。
全体的なデザインは建物を意識していますので、形や色を統一しています。
植栽も門柱やアプローチの近くにボリュームが出るように配置し、塀の中(中庭)は全体的に散りばめて、バランスをとっています。
この辺で、歩いて見たくなるアプローチ、入って見たくなる中庭を意識しています。

門柱のアップですが、壁の天端にアルミの笠木を取り付けています。
これは、雨やホコリのシミを付かないようにカバーしています、それにこの笠木が取り付く事により、締まったイメージの壁になるのでお勧めですよ。
門柱の裏を廻ると前回紹介いたしました園路が有ります。
この園路が有ると歩きたくなるんですよね〜 
ッテ私だけ???
そして、円形のテラスにたどり着き、また園路が始まります。
そんなこんなで、建物にマッチしたセンスの良いエクステリアが完成いたしました〜。