三平楽住楽庭 スパニッシュ瓦

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■


スパニッシュ瓦

第1弾

写真の撮り方が少々おかしいですが我慢してくださいね・・・(-"-) なぜならば私が撮影したからです。私で無く違う人の撮影ならばツッコムところですが・・・・許す。
建物が欧風で良い雰囲気をかもしだしてありますね〜(^^)v駐車スペースもビルトイン式ですっきりと納まっています。グッドですね^m^
さてエクステリアの方ですが、建物に負けないぐらい、そして引き立てるようなデザインでいきたいと思います。お楽しみに(^o^)丿。

第2弾

工事の方は表廻りの下地工事とアプローチの枠が出来ていますね。これでは進展が良く分からないので・・・次行きますかね・・・(;一_一)

第3弾

サイドの塀にはこんな変わったロートアイアン調のフェンスが取り付きます。前後にウェーブしていて本物ちっくな雰囲気をかもし出します。
最近ではロートアイアンを超えた?アルミ鋳物でのアイアン調フェンスや門扉が多く発売されていんます。以前、アイアンで出来てアルミでは出来なかったいろいろ加工が出来るようになってきているので、アルミの方が良く使われるようになりましたね。
驚くことに本物のロートアイアンは錆びません(性格には非常に錆びにくい)、ですが値段が高く、施工費も割高です。逆にロートアイアン風のアイアンは安いのですがすぐ錆びてしまいメンテナンスが大変です( ̄_ ̄;)
そこでこの様なロートアルミ鋳物が人気になってきました。
このお宅では門扉も取り付きますのでお楽しみに〜<^!^>

第4弾

横の塀下地が出来てきましたね。スパニッシュ瓦も可愛く乗っかって、雰囲気が見えてきました。
そして前回紹介いたしました、グネッと曲がったフェンスもかっこ良く決まっていますね(*^。^*)
この塀、一面しか見えませんが裏側まで同じ仕様で、施主様の拘りがうかがえます!
入り口みたいな所に柱が建っていますね。ここには門扉が取り付きます。やはりロートアイアン風のアルミ鋳物の門扉です。
私思うに、ここの場所へ門扉を付ける事は、デザイン的に大きな意味を持ち、細部へまでの拘りがにじみ出るような仕様です。(^^)v

第5弾

廻りの塀も仕上がっていき、門廻りの工事の紹介です。
玄関側から見た写真ですがアプローチの黄色い石が貼って仕上がっていますね。最近では又この黄色い石が人気ですね〜ヽ(^。^)ノ。なんででしょうか?ちょうど10年位前から3〜4年大人気で良くこの石を指名で材料を選ばれていましたが、最近又この材料を好まれる事が多くなりました。
やはり本物は何年経っても良いって事ですね〜(*^。^*)
門柱の下地も出来、周りの塀と同じ雰囲気で造っていきます。小さな四角のスリットも可愛いですね(^^)v。
写真のバックにはミキサー車が来て駐車場のコンクリート打設しています。完成はまじかのよ様ですね(^^)。

第6弾

仕上がった写真になります。かなり西日になっていますね〜(-_-;)最近どの活報も写真の写し方がいまいちでだめですね。
ですがこの雰囲気、統一感がありまとまって良い出来ですね。施主様のイメージにかなり近く仕上がっているかと・・・ヽ(^。^)ノ

次回の活報で完了です(-。-)y-゜゜゜

第7弾

さてこのお宅の工事の完成写真です。
全体がすんなりまとまっていますね〜、植栽が無いので、植栽好きな方には物足りないかも知れませんが、これから施主様がコツコツと育てていかれるでしょ〜う。楽しみです!

駐車場のコンクリートスペースにも色を付け、塀の塗り壁もまったく同じメーカー、同じ色を塗り、色的にも素材的にも統一感が有り、まったく違和感無く仕上がりました!