三平楽住楽庭「時代の流れに」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



時代の流れに

第1弾
庭を造って20数年、苔も広がり、しっとりと落ち着き始めている庭を解体し、駐車場に・・・・
蹲は新たに造り直しますが、全体的に狭くなります。

時代の流れですかね〜・・・

施工前の蹲↑、良い感じです〜、この蹲は、前石(手水鉢の前に有る人が乗る石)辺りから下がって水鉢が配してあります。
洒落てるな〜、わたくしめこういった、下がった水鉢は好きなんです〜。
滝組したような、石の間を入って行って、水鉢なんか大好きー!
・・・・って、なんだか大の趣味を公開してもしょうがないし、専門的になりそうなので、止めます・・・。

この乱石組も解体されて・・・

第2弾
しっとりした和風の庭を解体いたします・・・
職人ワッチーと、応援のオオバヤッチャンと大でズバズバ切って行きます。


チェーンソーで枝をおとして行きます。
施主様は、今までお世話になった木を切るのは忍びないという事で、お酒を撒き、感謝の気持ちを表し、木達も少しほろ酔い気分で・・・
ですが、お酒に弱いわたくしめが一番ほろ酔い気分だったのは、働き具合で分かりました・・・。

伐採で一番頑張ったのは、ワッチー。チャーンソーでどんどん切って行き、ワッセワッセとトラックに積み込みます。

次ぎは、重機が中に入れるように、景石や手水鉢、飛び石等を、吊って外へ出して行きます。

この辺はみんなの連携プレーで進めます・・・
後ろの方から、声がします・・・
A 「こりゃ〜ええ石じゃ、これ捨てたらもったいないは〜」
B 「ダメよ〜、こりゃ〜クソ石よ〜、すてんさい、すてんさい!」
A 「何ようるんな〜、あんたも見る目が無いの〜、良さがわからんのんじゃの〜!三平さんそりゃ〜とっときんさいよ〜」
大 「いや〜これは、使わない計画なんですが〜・・・」
A 「ありゃ〜、あんたも見る目が無いの〜、こりゃ〜ええ石で〜」
大 「施主様〜どうしましょ〜(-_-;)?」
施主様 「ま〜あんまり気にせんといて〜、舵取りが多すぎて困るんじゃ〜」
C 「こっちのええ石は、使いんさいよ〜、あれとこれも!お〜お〜そっちの斜めの石もで〜」
大・施主様 「は〜(ーー;)(ーー;)・・・」

そんなこんなで、時代の流れの中で変化した、ライフスタイルを、時の流れの中で落ち着いた、この苔庭の解体始まります・・・。


第3弾
しっとり落ち着いた庭を、バキバキ解体した結果・・・

こんな感じに何も無い〜って感じに変わっていきました。
何十年かけて出来上がって行った庭も、あっと言う間に、この世から消え形を変えて行きます。
まさに「自然破壊」の小型版を行っているようなモノですかね?少々意味合いが違いますか?^^;

施主様の意向で、蹲だけは造りたい(残したい)と言う要望で、場所を変え造り変えます。
ですが、駐車スペースをとった後のスペースですから、凄く狭く隅に追いやられて行くようで少々寂しいですが、限られたスペースの中で最高の物を造れば良いじゃないか!と、言うことで作業が進みます。

庭としてはここがメインになる部分なので、いかに変化して行くかご覧下さい。


第4弾

解体した、石垣は跡形も無く、普通に駐車場になってきていますね。

いったい、どれくらいのスペースが庭のスペースに残っているのかと、覗きこむと・・・
図面で見た感じより狭いような感じがします・・・
しょうがないですね・・・

そうこうしているうちに、駐車場も完成みたいですね。
職人のミッチャン↓も、満足そうにタバコを吹かしていますね〜
「今日も、左官の腕前が発揮できる施工現場で良かったぜ! 左官の仕事で俺の右に出る物はいね〜な〜、ちょっとオッチョコチョイな俺だけど、本日は、完璧な施工が出来たぜ・・・・フ?-フ?-フ・・・・、ミスをしたら、亀ちゃんに、コッピドク怒られるからな〜、あいつはこえ〜よ〜。」

なんて言ってるかどうかは知りませんが、良い仕事が出来て満足そうなミッチャンでした。

ワッチーと、「思ったより狭いよね〜、何とかなるかね〜?、なんとかするしか無いでしょ〜・・・」
みたいな、会話です・・・

ですが、ですが、この空間が、一種独特な庭に生まれ変わります!
ただ今施工中ですが、良い感じに仕上がってきています!
職人ワッチーの意地が、ここでも発揮されています。

「左官のミッチャンなんかに負けんで〜」って頑張っています。


第5弾
では、進行中のお宅はどうなったかな?
時代の流れと、生活環境の変化で、ご主人様の大切な庭のスペースがこんな狭いスペースへおいやられていきました。

だからこそ、我が社の力が発揮出来るんですね。

まずは、下回りの石をそろえます。

水鉢を据えて、排水などの設備を整えます。
元々据えられてた、銀閣寺の手水鉢を使います、こういった四角く、きれいに作られた鉢は、水を後ろに流します。
なぜって?、綺麗に作られた鉢は、苔などはあまり付けず、きれいなままで保ちます。その為に水は後ろに流すのです。
ま〜自流ですがね・・・。

これで、整いましたね
主石(後ろの大きな石)の右側の段差が気になります。
ここは小さめの石の石垣で納めます。

こ〜んな感じで、納まりました。
しっとりと、いい感じですね!
これで、全体が納まりました。
何となく、雰囲気が見えてきましたね。
後は、筧(水が流れ所)を造ります。
今回は写真中心の説明になりましたが、次回で完成予定です。
お楽しみに〜!

第6弾
完成いたしました。

駐車場との境目のブロックも化粧をして色をつけました。
水が流れてくる筧も、立派な石で迫力が有ります。
普通良く見るのは、竹で造って有るのを見ますが、最近では色んな物を使います。
以前HPでも紹介してあるもので言うと
1、HPの「第3回三和deアート展」で使った、自然の木。
2、 HPのリガーデンのアイコンに有る「RCCやっさ展示場『ダイワハウス』1」で使った、ステンレスのパイプ。
3、HPのこれもリガーデンの「自然なスタイル」で使った、煉瓦のかけら。等など、考えれば無限ですね。
そんなこんなで、狭い中にも拘りが充分につまった、ご主人様のお気に入りの庭が出来上がりました。
庭にばかり、気がいってしまい、駐車場の写真忘れました・・・(-_-;)
これからも、和風にしても、洋風にしても、新しくオリジナリティーの有る物を造っていきたいです。
例えば、和の素材を使った洋の庭とか、その逆とか〜^^; 何度かそういった要素を含んだ庭にもチャレンジしています。

こんな感じです。
細部までこだわって造った感がにじみ出てますね。
施主様も「いい物が出来た、満足しとるよ」と、言っていただき私達も嬉しかったです。

なんだか、変わったアングルでも撮ってきました(^_^)v
なんだか良いでしょ〜