三平楽住楽庭「出迎え庭」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



出迎え庭


第1弾

ここは何?これから庭を造ります。このくぼんだ一坪のスペースに造ります。このスペースは玄関から見えるような設計になっているので来客時玄関に建っていると見える場所。
「バシッ!」っと決めなきゃなりませんね!
頑張るぞ〜〜〜(^o^)丿オ〜〜〜!

第2弾

正真正銘の一坪の坪庭。第1弾での写真は何がなんだかわからない写真でしたね。実際のあの角度からは見えなくなるのですよ、だって建物の中から見えるように造るのですからね(^o^)あのくぼんだ場所に造りますから〜   
で、今回の写真です。この角度は建物側からの写真です。
正に一坪なのでこれ以上後に下がって撮影できません(ーー;)お許しを・・・・。
後の竹垣は後の景色を隠す為に施してあるのです。
ですが暗くなりすぎない為と、風通しをよくす為に下部には四つ目垣を組み込んだ物にしました。この辺のちょっとした配慮が仕上がりに大きく影響します。
くらま石の手水鉢、下草も少し植え込んでいます。これから役石で造り込んでいきます!
ですが・・・・・、後の側溝とグレーチングが気になりますね〜。
結構目立ちますね〜(ーー;)。
この辺は何とかしてくれますよね〜?三平さん!あのままじゃかっこ悪いですよね〜。
   ハ・・・・ハイッ・・・・・(-_-;)

第3弾

完成いたしました。蹲、ほぼ基本的な手法でスタンダードな形での施工です。
ただスペースの関係で両脇の役石(手燭石、湯桶石)が有りませんね(-_-メ)後は大体基本的な蹲です。
・・・・・と、スタンダードとか基本の形とか言っていますが、それは現代のスタンダード?私のスタンダード?基本だと思い込み?など等、よく分かりませんが、実際に深く歴史をさかのぼるとこんなのは基本でもスタンダードでもないかもしれませんね。
蹲は江戸時代中期以降には千利休が基本みたいなの物を考え造り称えて?いたとされています。が、その頃の蹲はこんな形ではなかったようです。
水が流れてくる筧(竹から水が落ちる仕掛け)も水道の無い時代にこんな物はほぼ無理。いや、湧き水が来ている敷地以外ほぼ無理。手水鉢に水を溜めてあっただけです。
手燭石、湯桶石、なども無く縁石程度の構えだった思われます。
ただ、今は今、基本や歴史を無視するわけではないですが、過去を知りながら現代に生かし造っていくことが大切ですね。
完成です!(^o^)丿


第4弾

   おまけ!
建物中から見えるこんな感じに見えます。
夕方暗くなるとスポットライトで全体を照らし、かなり雰囲気が良いですョ(^.^)
 
    ムードが有りますョ! 和風の坪庭でムードなんて言ったら怒られるかな(^^ゞ?