三平楽住楽庭「リフォーム」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



リフォーミング

第1弾
今回紹介いたします工事は台所、キッチンのリフォーム工事です。 このお宅では、他にトイレに洗面、お風呂もきれいに直していきます。

ですが、水周りをいっぺんに工事をしてしまうと、水道が使えなくなるので、まずはキッチン、完成したらお風呂と、洗面、トイレをいっきに施工する予定です。

まずは↑施工前の写真です。 荷物が多く(^_^;)後ろに下がれないので写真がアップ気味です・・・ まあ〜、どこにでのお宅でも有る様な、20年から30年ぐらい前のキッチンの風景です。
わたくしめも、実家を思い出してしまいそう・・・・。
そこで! リフォームと言えば、最初の工事は解体ーーーー! 結構、楽しいんですよ〜!確かに、解体や壊す作業って一見、気分爽快、とかストレス発散とか言われますが、そこの部分はそうでも無いデス・・ワタクシメだけかも知れませんが・・・

では解体作業の何が楽しいのか? リフォームって工事は解体後、新しい商品を取り付けたり、仕上げを新しくしたりしますよね、ですがその作業は実際には、「解体して見なければ分からない!」 なんですよ〜 まさに「ナ・ニが・出る・カナ?ナ・二?ナ・ニ・が・出る・カナナニっが・でっるーー?」 って感じで、どんな壁で、下地はどうで、配管がどうなっているのか?腐っているのか?丈夫なのか?以前作業した職人の腕はどうか?等など、色んな事が見えます。 そしてある程度、読み通りだと、「俺って凄いジャン」って感じですね。 コレがワタクシメのささやかな喜びでございます・・・・

同じアングルで一部解体後の写真を撮ってきました。 これから、壁のタイルをはがし、床をはがし、どんどん解体していきます!    
リフォームって!三平ってリフォーム工事をしてたの?  

と、お思いの方が多いのでは? そうなんです、リフォーム工事の事はほとんど宣伝していませんし、アピールもしていません・・・、ま〜ココに書く事がかなりのアピールだとは思いますがね・・・
リフォームの工事はエクステリアやガーデンに比べると少ないですが、結構年間で数十件はこなしてはいます。一年を振り返ると、結構たくさん工事してるな〜なんて思いますよ。
では、なぜ宣伝をしないのか?商売なんだから、宣伝していけばいいのに!って時々言われます(-"-)      その理由はまたの機会に!色々深〜い思いが有るんですよ〜またいつか書きーーーーーます!

第2弾

先日は壁を解体し、下地を直し、新しく下地を作っていきます。 大工さんの手際も良く、どんどん進んでいきます。 おやおや〜あそこに写っているのは、マタマタ「ハッシー」ではないですか?
これまた2度目の出演! 出たがりハッシーか〜? もしや、ココに立っていれば「密かに写れる!」って、野生の感が働いているのか?
不明ですが、撮ろうとすると結構良い位置に立ってるんですよね〜マイッタマイッタ・・・

壁の下地が終わり、床のフローリングも貼り終わり(フロワーは施工後即養生をしますので見えませんが・・・)
天井も下地が終わって、ここで大方大工さんの仕事は終わりです。
ここからは、仕上げの工事に入りますので、どんどんきれいになっていきます。 クロスを貼り、キッチンが取り付き、養生がはがされ、仕上がりが見えてきます! 楽しみです

第3弾

キッチンリフォームの方は、キッチン本体も据付大方完了です。 当たり前の話ですが、最近のキッチンは食器洗浄機も内臓ですし、同じシリーズで家電収納もあり、全体がスッキリ納まります。 ここ15年位でリフォーム業界も、商品のメーカーも大きく変わってきています。 使いやすさは勿論の事、最近ではかなり奇抜な色、デザインもどんどん発売され、わたくしめも付いて行くのに大変です・・・ 

ジャジャーーーン!

って感じに仕上がっています!
まだ、洗面、風呂、トイレのリフォームが引き続き有りますので、床の養生はそのままにしておいて・・・・っと。

そして・・・・ お風呂の解体です。 ここは少々増築になりますので、壁から壊して、壊して、壊して、ストレス発散いたします・・・・・
チュウチュウさて、何が出るかな〜?

第4弾
前回の続き、お風呂を解体を解体いたしました。 !

気になっていた、白蟻です・・・・
食った後はありました・・・が、姿が見えません!
色々探しましたが、姿が見えません。
そこで、急遽専門の業者を手配し、建物中の全てを見てもらうことに・・・。 全てを点検しましたが、もう居ない、との事。
いわゆる食い逃げってやつです。
人間なら、警察に突き出される事です。 ま〜今回は蟻の事、わたくしめ器のデカイ人間。施主様も、器のデカイ人間。 許しましょ〜・・・ (って犯人見つかりませんがね・・・)
そこで、腐った木は全て取り替える事にし、どうして取り替えれない物は補強をいれていきます。
防腐剤も土台や柱に注入し、「二度と食い逃げを許さない!」を、スローガンに頑張ります! その後、増築部分の基礎工事をし、ユニットバスをセットします。 それから内装、外壁と、完成に近づきます! お楽しみ〜〜

第5弾

お風呂とトイレを大きくするため、基礎を90センチ広げて新たに作ります。

その基礎に新しく柱を建て↑、壁を下地を起します〜
壁が出来てきてます〜、そして壁の向こうには新しいお風呂ーーー!

ユニットバスが座っています。 おっと〜、いい感じですね〜、誰が一番風呂ですかね〜、 お父さんが「わしが入るんじゃ〜」と嬉しそうな顔で・・・ 実際には誰だったんだろう・・・・ 結構娘さんに譲っていたりして・・・・
次回は、トイレの紹介させていただきます!
トイレはもともと、納まりがあまり良くなく、換気と明り取りに工夫が施されいますよ〜!   お楽しみです

第6弾

トイレの工夫を紹介いたします。 トイレ自体は特別珍しい機種をつけている訳ではありませんし、ほとんどのお宅でそうです。

そこで、どんな工夫か? これは既設のトイレです・・・・普通です・・・

こちらはそのトイレの上部。 一体、この写真は何を写そうとしているのか分からない様な写真ですね。 撮影したわたくしめも、意味不明ですが・・・・
何が言いたいか? 暗い! そう、ココはトイレは隣合わせで、二つあります。
和式と洋式。 そして! この洋式トイレの半分が、壁の入り隅の角にあるので・・・(こんな説明じゃ分かりませんよね〜)、
まっ、とりあえず窓が半分しか取り付けれません!
それに隣の風呂を増築したので、部屋自体は広くなりますが、洋式トイレの部屋の半分分しか広くなりません あーーーーーー!旨く説明出来ないーーー ま、そう言うこと・・・・・・・ で、

奥半分は広くなりましたが、下部分は隣のもう一つの押入れでにしています。(今回、洋式側と和式側を入れ替えました)

そこで、同じように明かり取りと、換気窓は写真のように引き違い窓を止め、ガラスルーバーにし、高所設置の場合の滑車をつけ、紐で操作するようにしました!
これゾ!「アナログ遠隔操作」イエイ〜ナイッスーーーー!
な、アイディアですね・・・ウンウン・・・自我自賛・・・ウシシシ  次回の活報は、完成の活報になるでしょう・・・
外壁の下地が乾燥したら、塗装をして、テラスの屋根を取り付けて完成です!

第7弾
さてさて、 完成です〜(^。^)!

えっ! ドコが完成? 外観は変わってないの〜? って感じですが・・・ そうなんです、増築は、工事前に比べてあまり目立たないほうが良いですよね〜。

いかにも「ココの部分を増築しましたー!ココを継ぎ足しました〜」って感じより、「あれ?どこを増築したの〜?」って方が良いですよね〜。
私も家を外観から見る時、外観納まりを見ると、「この工事は上手に収めてるな〜」とか「あの部分は難しかっただろうな〜」なんて思いながら見ます。

たまに、増築していても、わからない事も有りますから、上手く納めてるなって思うときも有りますね。 ですが、その家の条件しだいの部分も大きいですが・・・。
住みながらリフォームは、なかなか大変です。 水周りの問題、トイレ、風呂等など、言い出せば限がなく、施主様の理解と協力が無くしては出来ません。
今回の工事も施主様に全面的に協力していただき上手く納める事が出来ました!