三平楽住楽庭「勝手口」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



3分?リフォーム

第1弾

今回の活報は「ここに勝手口が欲しいから取り付けます〜!3分クッキング〜(^o^)丿」って感じで始めますかね!
まずはこの写真、なんにもないですね・・・・ええここにドアを取り付けます。この時点では「養生」命!ってところですかね(^。^)

第2弾

 料理の開始です!
キュッイイイイイイイ〜〜〜〜!パリパリ・・・・・キュイイイイ〜〜ン!壁を切っていきます。ストレート切りですね。ここでは面倒くさい、みじん切り等は不要!真っ直ぐ真っ直ぐ!ここが決め手〜!ス  ト  レ  −  ト  斬  り  〜  (-_-メ)
ですがただ切るのではなく、どこへどうドアを取付てどんなに納めるかを考えて切るのですよ。どんな味付けにするかな〜って(゜.゜)
ですがそれだけでは無く、古い建物や在来工法の住宅の場合、電気の線やその他にも、はたまた大切な物が有ったりします。(本当は有ってはいけない物も…たまに…有ったり・・・・無かったり・・・・まあ〜色々ですね…(^_^;))
この度は図面どうりに壁の中味もOK〜(^。^)V 中まで火が通ったら後の作業が簡単になりますよ〜、箸を刺して確認して下さいね〜(^_^;)って火なんか使ってリフォームはしませんよ〜!危ない危ない・・・・
ですが、見えないところカットする時は長年の感と手触り、音、振動、匂いなどで確かめながら、作業を進めていきます。
壁を切っています・・・・・。

第3弾

 ス ト レ ー ト 斬 り 〜 が完了し、中までちゃんと切れているか確認してから、内装のボードを剥します。
簡単にいうと、中までちゃんと火を通すと皮が向きやすいですよ〜って事!
そうすると中には骨組みや小骨も有りますね(゜.゜)お肉もちゃんと詰まっていますね、時々お肉が片寄っていて意味をなしてなかったり、はたまた入れ忘れたのか?お肉が入ってなかったり・・・・そんな時は残念です・・・・。
この度は邪魔になる骨やお肉は取り除きます。外回りはやはり慎重に、ス ト レ ー ト 斬 り 〜 で切ります(^^ゞ
大方内部の下地工事はこんな形で一旦完了です!

第4弾

 そうしましたら、今度は裏側(外部側)からのクッキングですよ。
その前に、小骨や不要な肉を取りきった部分にラップできっちり養生をして・・・・・。
裏側からの調理・・・
裏側は少々荒行になりますが・・・・・・(-_-メ) 

第5弾

引き続き3分クッキング〜(^o^)丿勝手口取付工事編〜〜ン(^。^)
外部から壁を切りかき内部の切りかきと貫通させます。外から壁を切ったら内部とずれてた〜なんて事は許されません!こればっかりは・・・・・(-_-メ)まあこの辺がノウハウですかね〜って、普通は間違いません・・・・。
壁の間にある肉(断熱材)も美味しい所がこぼれないようにカットした端部を巻き込んでありますね(^。^)V

第6弾

ドアをはめ込みますが、この開口部もドアの枠が入るギリギリ寸法でカットしなければいけません。特に内装はシビアです。大きくカットしすぎると内装のクロス等、仕上げが納まらなくなってしまい、ひどい時はその部屋のクロスを全て張替え!なんて事にもなりかねません・・・・・(^_^;)
ようするに、魚をさばいた時「大トロ・中トロ・トロ・あかみ」はたまた「皮?・内臓・ひれ」上手にさばければ、たくさん美味しいところが食べれる。わけも分からずさばけば美味い所も少なくなり味も落ちますよね(ーー;)
って ゴ メ ン ナ サ イ 〜 (-_-メ) なんだか訳も分からず色々書いてしましました・・・・。なんだか恥ずかしい・・・「大って魚のこと知らないんだ〜(゜.゜)くるくる寿司しか行った事ないんだ〜(・・;)」なんて声が聞こえてくるよ〜(T_T) 当たりですから〜・・・・。
写真はスポッといい感じでドアが取り付きました。内装のカット寸法もちょうど良く納まったもようですね。
写真は「隠れたつもりでも見えてしまう大工」を激写しました!

第7弾

きっちりすれすれで納まった内装です。
写真では分かりにくいですが、これだけすれすれで納まれば後の仕上げが簡単ですね。
もう本マグロをさばきお皿の上に盛られて、後は・・・・状態です。
取皿とお箸取ってきまーす!§^。^§
出来上がり!召し上がれ!