三平楽住楽庭「海風ターシャ」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■


海風ターシャ

第1弾

エッ!これは何? そしてドコ?
と、思われた方も居られますよね・・・、

はい!これから庭になる場所です!

イイでしょ〜、私から見るとかなり魅力的な場所です!
ダイヤの原石って感じですよ マニアックです、植わっている木は、梨の木、イチジク、ボケ、オオデマリ、ライラック、キンモクセイ、ブラシの木等など・・・

でも、ま〜このままでは庭になりませんので、ズバットと伐採、伐根、剪定していきまーす。
ズバッとこんな感じです!
スッキリしましたー
この、風が通る感じが良いですね〜、そよ風〜って感じがします!

では違う角度から・・・


「ココから入られた方で〜・・・生きて戻られた方は〜・・・いません・・・ドロドロドロ〜」

みたいな感じは、言い過ぎですが、ちょっと入るには、長靴履いて、長袖着て、手袋に蚊取り線香、ロープにヘルメット、トランシーバー・・・ってそこまでは必要ないデスカ・・・
そして・・・

おーーーーーーーっと、これまた良い感じに、庭のスペース発見!

って感じのスペースが見えてきましたよ〜!

一体全体どうなって行くのだろうか?楽しみな工事です!

第2弾

森のような荒地を剪定、伐採し新たに庭に変身計画のお宅ですが、中庭もスカッと簡単なテラスを造りました!

以前までのテラス・・・・・ん? 
テラス?かな??

む〜テラスでは無いような・・・、テラス予備軍かな? この辺もチョイっとブラッドストーンを敷いてみました〜!
ハイ! サク?-とこんな感じです〜。
石と石の間は植物のスペースとして土を残しておきます。セダムやディコンドラみたいな植物はいかがですか〜!(^^)!
ですが、手前の「アジュガ」に負けるカナ?

次からは、あの!「森」の庭に侵入していきますよ〜!

楽しみにしていて下さいー!


第3弾

この度はあの!あの忌まわしい・・・?いえいえ違います、あの自然派の森に突入いたします
森とはいえキレイサッパリ剪定、伐採いたしまして景色見えるようになり、空が見えるようになり、風が通るようになりましたよね〜、そこの内部に突入して施工を開始いたします。
おっと、なにやら・・・
見える背中は・・・「ワッチー」ではないですか!暑い中ご苦労さんです〜。
写真では見えませんが、彼の周りには「蚊取り線香」の煙が漂っています・・・
蚊が参るか?ワッチーが参るか?仕事以外にもこんな戦いが繰り広げられています。
蚊取り線香はこの時期必需品ですね(^。^)v

ワッチー曰く。
「ベープ蚊取りはダメ!全然効かーん、やっぱキンチョー蚊取り線香じゃわ!これじゃね〜、よう落ちるわ〜」・・・

さてさて、何をしているのかよく見えませんが、石積み工事です。
もうご存知の方は居られないかも知れませんが、数年前にわたくしめが、命がけで神奈川県までこの石を探しに行ってきました!

この活報でも紹介させていただきました「大の材料探しの旅」で、変なおじさんに人里離れた山に、それに携帯電話もつながらない、大声を出しても叫んでも、誰に聞こえない!まさに地獄・・・・と、思ったら、そこが採石場でした・・・の時にルートを作った材料です。


まあ〜まだこれは一部なんですが、こんな感じで自然派を崩さず素材や形にこだわっていきたいと思いますー。
お楽しみ〜ヽ(^。^)ノ

第4弾

さてさてZ様邸のこのフェンス↓
変わったフェンスですね。
もうこのフェンスは発売されて数年経過しているので見られた方も多いでしょうが、我社では良く使います。

YKKというメーカーの「エスパリアフェンス」って名前です。
見るからに、普通のフェンスではありません。
そうです、吊る性の植物用のフェンスです。勿論ハンギングも出来ます。
立体的なので裏、表、中間、どこでも這わせやすく、管理もしやすいです!

そんなこんなで、中庭の石積みも進んで進んでいますので、次回は中庭へ進入しています〜。
お楽しみ〜。

第5弾

さてさて、石積みの方ですが、又もや新しい石積みを造っていっています!
石積みはこれで3つ目、なんでそんなに造るの?って聞かれても・・・(誰も聞いてませんが・・・)
今回の石積みは、いわゆる「花壇」みたいな物ですね。
庭の中に高低差があれば、植え込みをするときにまとまりやすくなります。
植栽や低木、園芸苗物を植え込んでいく時は、高さを気をつけ植えますよね〜、後ろに高さの低いものが有ると隠れてしまい、「イ〜ミなーいじゃん!」になってしまいます。

植物の特長だけを利用して、高低差を造るのは至難の業!って程は難しくはありませんが、苗床に高低差があれば、凄く楽。

先日造った石積みは横にあります。
少し端部が重なっているように造ります。
そうすればそこに、斜めの法面が出来ます、又これも自然な感じに仕上げるコツかな?って感じです。


今回のデザインは、その高低差の造り方も、以前から自然にそこに有ったイメージです。
そして、植え込みも、以前から自然にそこに植わっていたイメージです。

そう、テーマは自然に・・・です。

おやおや、3つ目の石積みはこんな感じです。ベンチにもなるような形ですね(^^)

さてさてどうなるやら、楽しみです!

第6弾

終わりました!完了いたしました、Z様邸のリガーデン工事。
このお宅の施工前と施工後はかなり大きく変化しましたよ。植え込みや仕上げの工事は施主様がされると言う事で、大まかな骨格を造る所までの工事内容で、その後は期待しましょー。

ドコから手を付けようか↑・・・少々悩みながらも突入〜(>_<)進め、進めーーーー、目を閉じて進めーーーーー〜^^; スカッと風通しも良くなり↑、庭スペースと来客用駐車場スペースをキッチリ分け、管理もしやすくなりましたよ。

コチラは↑中庭から、突入です。北側からと東側から攻め込んで庭スッキリ計画です。 突入ーーーーーーーー!進め進めーーー!
スカッと↑こんな感じでスッキリ。攻撃成功。怪我人0人・死亡者0人
と言う、優秀な成績で庭の工事をマットウできました〜(^^)v
このフェンス↑、今にも崩れそう・・ つる物の重さでフェンスが壊れていっています。最初この撮影をしたのが4月、まだ植物も本領発揮ではありません・・その時は何も思っていませんでしたが、施工は6月・・・
植物達は別世界を作り上げていました・・・まずは伐採、つる物も伐採、伐採、そして伐採・・・フェンス救出し?撤去し?工事用の足場も作り始めてフェンスの工事ができます^^;
ジャジャンーーっ↑とつる植物専用の「エスパリア」が取り付きました。
つるたちはわたくしめの、伐採行為に腹をたてたのか、イジケテいるのか、元気が有りませんね・・・
でも、ま〜、あと一ヶ月もすればこのフェンス、つるでイッパイかな〜?ヽ(^。^)ノ

で、中庭はこんな形でベースになる部分が出来ました。
これから下草、園芸種苗物などを植え込まれ、どんどん変化して行くでしょー。

時々覗いて取材して行きたいと思います!

第7弾

活報のその後の経過、本日早速写真を撮りに入ってまいりました。
が、シーズン的にこの暑い中、今は休止中ですよね〜、それに先日終わったばかりの工事ですから、大きな変化は無かったです?#?#?#

チト、わたくしめの早とちりでした。やはり最低でも1〜2年は経ったお宅が良いですね。

そこで、転んでもタダでは起きないわたくしめ、この写真を使って何か小話でも〜(*^^)v

植え込みも、少しづつですが進んではいますね。
ただ、花壇だけあって、そこから、「さ〜植え込みなさい」って言われてもなかなかイメージが沸かないもの。
そこでどうするか?今回の写真でも有るように、構造物や置き物がポイントになります。
植物だけで全体のデザインを考えるのは結構難しいものです。今回のように、石垣を造ったり、階段を造ったり、そしてプランターや水瓶、石を置く事によって植え込みする部分が自然に見えてきます。

じゃあ、どこに何を作る?置く?
造る、に関しては奥が深いので、業者に依頼をする事をお勧めします(^_^;)特に「三原市皆実にある、三平 がいいでしょ〜」

置く、に関しては色々試してみれます。あ〜でもない、こ〜でもない、と色々自分の感性で試して見るのも楽しいかもしれませんね。

そこで、ワンポイントアドバイス〜!
置き物や構造物を置くときには必ず植物と絡めましょ〜、それも自然な感じで、たまたまココに生えて来た草と置物が自然に絡み合ったみたいな感じがいいでしょう。
その中でも、置き物の裾は必ず隠すことをお勧めしますー。

今回のこの写真の瓶とギボウシの絡め方は実に効果的に、上手に配置されています。
すこし気を付けないといけないのは、今回の植え込みは「ギボウシ」です。冬は葉っぱが無くなるので、冬にも葉が有る2種類の物で絡ませるともっといいかもしれませんね〜(^。^)