三平楽住楽庭「アーチ」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



アーチ

第1弾


それがそれが、以前工事をさせていただいた施主さんがデジカメで工事の様子を撮られていた物をお借りしました!
大の独り言が始まる前の工事でしたので、これぞ元祖活報!?なんて・・・
写真の撮り方が、独り言モードに入っていないので、分かりにくい部分があるかもしれませんが、その辺は私の「べしゃり・・・いやいや、コメントでカバーを・・・」
とは言うものの、写真の撮り方が私と違って、新鮮〜というかリアル〜っていうか・・・とにかく違います!
見ていただければ分かると思います、その辺も感じながら覗いて見てくださ〜い〜。
まずはこの写真は施工前です!
という事は、そう「リ・ガーデン」です。
さあ〜どうなる事やら!好御期待〜(^^)

第2弾

まずは植木の撤去、移植が始まります。
一応全ての植木を抜き取り、処分したり植え替えたりします。
その掘り取り作業の写真です。
一本一本丁寧に掘りますが、この場所で何年も育って根付いているものなのでいきなり、一回で根を切って掘り取るのは可愛そうですね・・・、ですがしょうがないですね・・・(><)

第3弾


はいは〜〜い!っとこんな感じで何も無くなってしまいました〜。
ここから、庭の下地を造っていきます。
このお庭のイメージは(私なりの・・・)「別空間」です。
エクステリアのように道路からデザイン的につながっているものでなく、「外部空間のお部屋」のイメージです。
そして外の部屋と建物の部屋とのつながり、一体感!
って色々書いていますが、もう完成しているお庭ですから、今更何を言っても・・・・って妙な気持ちになってきました・・・ですがご覧の方には関係の無い事ですよね〜(^^)
そして、この細長い敷地に壁を付けます。
壁で仕切る事によって、逆に奥行き感を出し広く感じさせ、別空間を作り出します。

第4弾


写真は少しとびますが、長い敷地にプライベートスペースを仕切る為の壁が出来ています!
その壁に煉瓦を貼り付けていきます。
この煉瓦は写真でお分かりのように、凄く個性的な煉瓦です。1つ1つ表情が有り、上から順番に使っていかず、一度地面に並べその中から合った物を選びながら貼り付けていってます。
次はこのブロックの上にウッディーフェンスを取り付け、入り口にはウッドのアーチの門が取り付く事になっています。(取り付いています・・・)

第5弾


お〜〜〜っと出来てる〜〜〜!
はい、途中の写真がありません・・・・・困った・・・
煉瓦を貼って、ウッディーフェンスを取り付けて、塗り壁を仕上げて、そうそう煉瓦を敷いて・・・はいっこのとうり!
どうでしょ〜(^^)

第6弾

この庭の全体写真を一度に撮影する事が難しいので、部分的に紹介していきたいと思います。
この写真は庭への入り口付近ですが、袖壁で仕切り別空間を作り、アーチでポイントを付けていますネ!
コーナー部分には植え込みスペースを設けます。中央に作りつけのベンチがあり、その下は日陰になりやすいのでそこも植え込みスペース!日陰の植物の住み家になります(^^)v。

第7弾



さてこの写真は逆コーナーの写真です!
オリーブとテラコッタの球が可愛く飾って有りますね(^^)
前回の6弾の壁と、この壁で仕切って別空間の雰囲気を出そうとしています。
ウッディーフェンスも良い感じで仕上がっていますね〜(^^)v