三平楽住楽庭「くぐり門戸」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



くぐり門戸

第1弾


皆実町のリガーデン工事です!
これから解体が始まりますね(^o^)丿
現在は入り口(門廻り)は駐車場の横からか入るようになっていますが、今回のリガーデンで道路の正面から入るように考えています。
それと少し高級感を出す為に門周りも・・・・(^^ゞです。

第2弾

ふ〜)^o^(解体が大方終わりました・・・・
最近暑いですね〜、熱中症で倒れる方も多く怖いですね〜。
忙しいので応援に行っていた私も倒れてはいけないので、凍ったジュースをポケットに入れて、溶けた分だけ飲みながら生き延びました・・・・・^^;


さて話しはそれましたが、解体後はブロックを積む作業に入ります。

第3弾


解体も一段落して、ブロックを積む工事に取り掛かっていきます。
ですが、なんだかニョキッと一部分だけ背の高い塀が出来ていますね〜^_^;
どうなっていくのでしょ〜〜(^o^)丿?

第4弾


少し前周りの工事が進んでいっていま〜す。
なにやら、門戸が取付いていますね、ちょっと和風でオシャレ〜なな感じでしっとりと・・・・(^。^)


門戸をくぐると・・・・やっぱり日本人な私「ホッ」とします・・・外人に憧れてるんだけどな〜、って訳ワカラン!^_^;

第5弾


この辺で職人さんの工事をアップで紹介しましょ〜う(^。^)
和風の雰囲気の大谷ブロック、目地セメント入れ作業です。
これでブロックや、全体の雰囲気が締まって見えてきます。
最近では化粧リブブロックが多くなってきていますので、目地セメント入れる作業が少なくなっていっていますね。

第6弾


今日も少し暑かったですね〜(^^ゞですが、なんとなく秋の訪れを感じる朝夕ですね!
この度も職人技を公開致します!
つい最近まで職人さんも、この大の独り言、活報に写真が出るのを凄く嫌がっていました。
ですが最近は・・・・「ピース〜v」とか「このポーズの方が分かりやすい?」とか「え〜もう撮ったん?顔写って無いじゃんか〜」とか、勘違い発言もチラホラ出てきました(+_+)。
とはいえ、一部の数人の職人さんですが・・・・^_^;
はっ!本題に戻らなければ・・・・
この写真は石を割っている所です。最近では写真のように、ハンマーでコチコチと割れる職人さんは少なくなりました・・・・、それも自由自在に思うように割っていきます。
石自体に割れやすい場所とそうでない場所が有ります、ですが職人さん曰く「そんなの気にしてたら仕事にならんよ〜、ここを割りたいと思ったら、思いどうり割る!これが技じゃけ〜」って言いながらコチコチと作業を進めていきました。
最近では石でも簡単に切断できるカッターが有ります、ですがカッターで切ったものは、自然の風合いが出にくく、こだわりの施工ですね〜(^。^)

第7弾


そして仕上がりです。
石とはいえ、尖ったり角張ったりしていませんし、「割った」とか「切った」みたいには見えないでしょ!
手を加えてないように見える、これが大切、そして難しいですよね〜(^o^)丿。
あまり誉めてばかりいると頭にのってしまうので・・・・この辺で・・・。
そうそう以前、「石をハート型に割れる?」って聞いた事が有りました。
なんて答えが返って来たでしょ〜?
私は「難しいけど、ちょっとやってみようか?」とか言う答えが返ってくるかな〜なんて思っていたら・・・・・。
「無理!やった事あるから!」でした、みんな考える事は一緒なんだな〜って思いました。^^;

第8弾


職人技大公開のこの工事も完了いたしました。
自転車置き場の屋根が取り付いて全ての工事が終了です!(^○^)
最近では少ない和風風味たっぷりの工事でしたね。
階段の石貼りが年月と共に良い雰囲気を出す事でしょ〜(^o^)丿。