三平楽住楽庭「モーニングフェイスガーデン」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



モーニングフェイスガーデン

第1弾

駐車場が全てコンクリートとタイル貼りで奥様がプランターでガーデニングをされていましたが、夏の水持ちの悪さや雰囲気が今一出し切れないということが、この工事のきっかけになりました。
まずはコンクリート壊したり、タイルを剥したりするところからスタートですね(^o^)丿。
どんな風に変わって行くでしょ〜〜(^.^)

第2弾


バリバリバリッとコンクリートとブロックを取り除き土の部分をだしていきます。
そうです、こうやって植え込みスペースや門周りのスペースを造っていきます。
奥のほうはアールにカットしながら取り除いていっていますね(^.^)
どんなふうに変わって行くのでしょ〜?(^o^)丿

第3弾


解体工事が完了いたしました。
なんだか中途半端な解体でよね〜(ーー;)
そうです、リガーデンなので、次に造りやすいように解体します。
わざと途中の壊しかけで止めたり、部分的に壊したりと・・・・。
次からは造る工事に入ります!

第4弾


門柱周りの形が出来てきていますね〜。
煉瓦の門柱に袖壁がくっついていますね!その袖壁がなにやらS字に曲がっています。
写真では分かりにくいですが、曲がっていますよ!なんたって曲げてますから・・・・・(最近ワケワカラン・・・)
この袖壁をS字に曲げているのに意味があります。
この壁の向こうに見えない(ハッキリ言うと見せない)ですが、小さなアプローチが造ってあります。煉瓦の門柱だけでは、なかなかこれから造るタイル貼りのアプローチを歩いてもらえないからです。
お宅は違いますか?近所に有りませんか? アプローチや門を造ったけど、そこを歩いてもらえないデザインのお宅!・・・・・。(ーー;)
今回のお宅は玄関前を広く開放感が有るように、元々造って有りましたからどこからでもお客さんが玄関に入られます。
それを門柱や花壇でアプローチを決めそこをお客さんに歩いていただく。
そして毎回歩く所が決まれば、それに合せて見せ場を造る、こうして魅力ある門周り、アプローチを演出します。
そのためのS字の袖壁です!
なんだか理屈っぽくなってきましたね〜・・・・。

第5弾


 
今度はメインの門周りに対になっているサブ門柱の紹介です。
この門柱はメインの煉瓦門柱に比べて、サブですから、引き立て役にもなります!ですが力持ち!(^o^)丿、なんと照明は勿論の事、な、な、なんと水道まで完備しました。
植物を管理する中で水やりは必須条件ですね、その水やりが楽しくなる立水栓です。
水道が遠いとついつい・・・・・、ですから少しでも使いやすく、かっこ良く!ですね(^O^)。
話は門柱から水道に移ってしまいましたが、このサブ門柱の見栄えは引き立て役ですが、機能はメインに負けないぐらい頑張っていますね〜!(^。^)
水が溜まる所もどんなになるのかな〜(??)

第6弾

全体的に形が仕上がってきましたね(^O^)
クネクネS字塀も仕上げのファンデーションを塗って雰囲気が出てきました。
メインのアプローチもタイル貼りで豪華に仕上がってきました。あのジグザグカットはコンクリートととの境い目をハッキリだす為の植え込みスペースでした(^^)v。
このたびのリガーデン工事で植え込みスペースがかなり広くなりました。施主さんも思ったより大きいと喜んでおられましたが、実際にこの広さを管理し続けるのは大変だと思います。
ですが、簡単に管理するちょっとしたコツがあるのですけどね〜(^o^)丿

第7弾


完成しました。(^o^)丿
植栽はシンボルになる、赤花アメリカハナミズキを植え込み、
その先の下草やグランドカバーは施主さんの担当になりますね(^O^)。
この下草ってのは結構難しいですよね。簡単に言うと花壇やその植え込みスペースに対しての「寄せ植え」みたいなものですからね。小さなプランター1つでもなかなか、あ〜でもない、こ〜でもないと悩むのに・・・・・。ですが、自分で思考錯誤しながら、年々上手になっていくんですよね〜^_^;期待しましょ〜!