三平楽住楽庭「フリーテラス」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



フリーテラス


第1弾

このお庭をリガーデンいたします、どう変わっていくでしょ〜(^o^)丿
庭内にある盆栽や棚、ブロックを全て撤去。いつもの様に下地の土を鋤取り、ここから仕上げに向けての工事が始まります!

第2弾

この度このお宅の沢山の盆栽があり、それを全て処分する事からこの庭造りが始まりました。処分とはいえ大切な盆栽、捨てるわけにもいかず、盆栽バイヤーに引き取ってもらうと、安〜い言い値でもって行かれる?ので、いつも植栽を仕入れている神辺の植木市場へ出し、競って買い取ってもらう事にしました(^o^)丿。
大方2t車2回分ぐらいの物が有りましたが全て買い取ってもらいました!施主様にも喜んでいただき、本工事の方に取り掛かります!
初めて、いつもは仕入れる立場でしたが、この度は「生産者」の立場にたち色んな意味で勉強になりました・・・・。「少し辛い場面もありました・・・」。
このお庭基本的には「手間要らずガーデン」が主旨。どう変わっていきますかね(^。^)?

第3弾

はいはい〜(^o^)丿工事が進んできていますね〜。
カーポートの手前に板塀が取り付いている。ここで中庭をきっちり分けるようなデザインになっています。
板塀の向こうには浄化槽が有り、収納庫も置くスペースになるので自然素材の板塀で違和感の無い目隠しになります。
さてさて前回書き込みました「手間要らずガーデン」ですがこの写真、下地のコンクリートを打設し下地を作っていますね。ここまで見れば分かる人も多いと思いますが、この下地の上に仕上げ材を施し草を生えなくしてしまう・・・・・そして・・・

第4弾

仕上げ材のタイルを貼り工事開始。敷地がこんなに広かったのかと再認識させられるほど、この300角タイルを貼り込むと広く感じます!
色々な素材の形で広く感じさせたり、長く感じさせたり、その逆を感じさせたりと色々有りますね。
ですがこれらは全て目の錯覚。多くのガーデンデザイナーはこの錯覚を利用してデザインします。ですがそれも最近始まった事でもなく、昔の庭師の時代から当たり前のことですね。(^。^)
一番難しいのはそれを工事前の打合せで言葉で施主様に伝える事ですかね〜(^_^;)

第5弾

床の仕上げ工事が完了。広くなりました、というより広く感じますね〜、施主様もビックリされました。
おっと!写真では少し分かりにくいですが、コブシとシモクレンに花が付いてますね〜(^o^)丿春じゃね〜。
ここで使ってあるのは300角のイタリアタイルですが、施工面積が広いの為小さいタイルよりこの300角で、色むらの有る物を選びました。
尚且つ縁取りを少し濃い色のタイルを使用し、中から見ると締まった感じに見えるような配慮です。
これで植え込みが入ると全体がまとまってくるでしょ〜。
次回は完成写真かな〜(^。^)?

第6弾


完成いたしました。
この度はあまり背の高い物は植え込んでいませんが、やはり植栽が入るだけで全然イメージが変わってきますね。元々有ったコブシ、シモクレンと照明の場所にソヨゴを植え、下草は小スペースですがぎっしり植え込みました。
タイルを多めに貼り、植え込みスペースも草があまり生えないようにギッシリの寄せ植え、できるだけ同種類の寄せ植えで手入れ簡単、お掃除簡単!なガーデンです。