三平楽住楽庭「デッドスペースからリゾートスペースへ」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



デッドスペースから
   リゾートスペースへ


第1弾

この工事は三平としても、あまり経験の無いような工事です。
それは何かと言いますと工事をするスペース、敷地に対してスペースの意味、それに対しての素材、です(‥)ってなんだか難しいことをズラズラと書きましたが、それ以上の当てはまる言葉が見つかりません!
この活報だけでそれを感じてもらうのは、難しい・・・いや無理かと思いますが・・・(じゃ〜書くなよ〜!ハイッ・・・><)
素材やデザインが特別変わってるとか、日本一とかじゃなくて・・・・やっぱり私には伝えられない・・・ゴメンナサイ
とりあえず順々に活報しますので、ご覧くさい。
写真は施工前です! 

第2弾

ジャジャ〜ン!この写真が解体後です!
なんと手前の花壇を解体しましたら、奥になにやらただならぬスペースが見えてきました!!
この部分です、私が言いたいのは・・・と言ってもピンと来ませんよね(><)。
このスペースをお庭にしてしまおうという事です!
  さてどうなる事やら・・・

第3弾



(@@)お〜〜〜〜っと!なんとこんな所に階段が設置されました!(今度は下からの写真です)
まだ下地ですが、煉瓦で仕上げていきます。
ここは元々1m以上の段差と、煉瓦の花壇で通行不可能でしたが、開通しました。(まだ歩けませんが・・・)
と、言う事は・・・この下の部分に何かが・・・お庭が・・・、え〜〜〜こんな所に〜〜〜!?
そうです、この部分に、お庭を造って行きます!(^^)y
このお宅は、半分以上、コンクリートの土台の上に建物が建築してありますので、この部分以外はほとんどがコンクリートです。
コンクリートの上に花壇も設置してありますし、新設も予定しています。
じゃあどうやって植木が育つの〜?!!、ちょっと無理矢理な持って行きかたですが、ハイッ!お答えします!
最近では、屋上緑化(空中庭園)や、バルコニーガーデニングが注目さてきて(特に都会では)いろんな資材が開発されてきています。
問題は、保水、排水、重量、根の行き場等々です。
やはり、コンテナガーデンと同じ事ですから、土替えは必要になってきます。
下地がコンクリートですから、重量や根の事はあまり重要視せず(耐根シートは敷きます)、保水排水もかなりの優れものパーツを用意しています!
明日、土作りから(秘密の土?)作業をしますので、又紹介させていただきます!

第4弾


今日コンクリートの上の花壇の土作りと下地処理の工事が進みました!
写真で分かりにくいかもしれませんが、一番下の黒いシートが、耐根シートです。
防水効果と根が隙間に伸びていかないようにする効果です。
その上に保水排水パネルを敷きます。
このパネルはパーライトが入っており、保水排水以外にも、酸素の供給し根腐れ、水腐れを防ぐ優れものです!
これらで下地処理が完了!
次に大の秘密?の土を作ります(^^)

第5弾

さて花壇の下地作りも終わり秘密の土を作ります。
と言っても、特別変わってはいませんが・・・いたって普通です・・・。
いちがいに土と言っても、何を植えるかで内容がかなり変わります、私がいつも作っているのは、一般的に植木用です、一般的に・・・、一般?な、なんだ〜?一般的ってなに? さあ〜(><)、又途中で分からなくなってきた・・・、まっいいや!
気を取り直して、私は、基本をマサ土で作ります。
後は、赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥、バーミキュライト、有機肥料、をブレンドします。
内容は一般的ですが、こだわっている事は、赤玉と鹿沼は硬質大粒、バーク堆肥は腐葉土に近いもの、バーミキュライトは小粒、です。
後は、良く混ぜる事!、堆肥の玉や混ざりきっていない所が無い事!です。
以上が秘密の土のレシピです(^^)y。

第6弾


階段の仕上げと、庭への入り口の門柱が出来てきました。
まだまだ雰囲気も出ていませんが、これから階段を降りた「庭」の部分がスタートします。
さてどんな素材でどんなデザインになるのでしょうか?楽しみ〜〜!って私は知って居ますが・・・。
すると少しずつ雰囲気が見えてくると思いますのお楽しみに。

第7弾

今日まで工事がお休みなので、進行状況に変化はありません、が何か報告したい私としては、違う角度からの写真を活報として紹介させていただきます。
階段部分の外からの写真です。
ここから中庭の入り口ですよ〜と言わんばかりの門扉です、これだけ道路面にアピールしておけば、通りかかった人は「な、なんだ〜、この先には何かが有るぞ〜、きっと想像を絶する何かが!私を満足させてくれる何かが・・・」
とまではいきませんが、気になるに違い有りません!いや多分思ってもらえるでしょう。
いや思ってもらえれば幸いです、・・・思わないかな?!・・・思って〜〜〜!お願い!
花壇を撤去した後の床をカラクリートで仕上げ、少しアンティークな雰囲気も出したいと思っています。
三平ではこの「カラクリート」という素材を時々使いますが、昔は良く使われていた材料です。
最近のガーデンやエクステリアで最初に使い始めたのは多分、多分ですが「三平」です。
私は何度も何度も試作を繰り返し、最近のデザインに馴染むように改良してきました。
ですが最近では、他の業者の方も使い始められました・・・・まあ当たり前のことですが、逆に評価されたのかな〜ってちょっと嬉しかったりします!(何度も言うようですが、多分です、多分・・・)

第8弾

はてはて、なにやら変な物が現れてきましたぞ!
丸い石?の花壇?、それとも池?
お風呂?なっなんだ〜(??)・・・。
不思議な所に、不思議な物体ですね。
種あかしはしません、活報をご覧下さいませ。

第9弾

この写真の前に、実はもう一枚お見せしたかったのですが、残念なことに事情が有りまして投稿できませんでしたm(==)m
で、この写真まで進みました!
「なんだ〜、ウッドデッキなのか〜、普通じゃん!」とお思いでしょうが、今までの写真に比べて。広くなっていませんか?、か・な・り!
そうなんです、ウッドデッキが空中に飛び出していますから!
それだけでは有りません、このデッキのデザインが・・・、まだ施工していません・・・次回は形がバッチリ見えると思います。
「でもあのデッキ、落ちたりしたら、危ないよね〜〜、大はそういうとこも考えているんだろうか?、落下防止が無いと、プロじゃないわよね〜〜!、ただの‘浮かれポン吉‘よね〜〜〜、ヒソヒソ・・・」
(^^)←大=ポン吉?

第10弾


は〜いまたまた、雰囲気が出来てきましたよ。
きれいなRが画かれています、実際は多面Rですが・・・。
それになにやら、落下防止フェンス?、手摺?、とにかく何かが出来てきています。(^^)y
もしや、大=ポン吉ではないのか?、はたまた・・・・・。(大って凄いかも・・・)←お茶の間の声。

第11弾


落下防止のデッキ材を立てて、大まか床は完成です、が・・・
やはり図面や打ち合わせでは、全ては分かりません、出来てみて始めて気づく事が沢山有ります。
この工事もやはり同様、あれこれと新しいイメージが沸いてきます。
もう少しバージョンアップする事になり、一旦中止です、又材料を発注して引き続き工事を再開いたします(^^)y。

第12弾

植え込み工事に入りました。
限られた植え込みスペースです、だからこそ植え込みには気を使います。
元々有ったものを植え戻しますが、今回は「ガマズミ」と言う樹木を一本新しく植えました。
今ちょうど白い花が咲いています。そして粒々の赤い実がつきます!(可愛いですよ)
茶花としても使われます。
さあどんどん完成に近ずきますね。

第13弾

工事が完了いたしました。
ほのかな明かりの照明を3つ設置しました、が、写真には写ってないと思います。
夜の写真はこの私が所有しているデジカメでは・・・・
ですが、元々デットスペースで使いみちが少なかったこの場所、そして敷地内では少ない土のスペース、この場所に対しての、施主様の考え方、使い方がこのデッキを中心にしたお庭でガラッと変わったいただけたと思います。
変わってもらえれば幸いです・・・いや変わって下さい・・・変わってもらえないでしょうか?・・・・・変わらない?・・・・変わって〜くれ〜〜(^^)