三平楽住楽庭「シェルフ」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



シェルフ

第1弾

この写真は中庭にある古い塀です。
古いといってもまだまだしっかりしていて、造り直すほどでは有りません。ですが汚れて黒ずんでいますね。
これでは中庭スペースの背景にはだいなし・・・・・。
そこで「何とかきれいに出来ないですか〜?」との問い合わせ。
確かに表面を綺麗にするのは簡単です。色をつけるなりして、表面を仕上げればいいからです。
 
  そ  こ  で  提  案  〜 〜 〜 〜 !(^_^)
どうせ表面を綺麗にするなら、あんな事やこんな事も・・・。
なんてどうなる事やら!乞うご期待(^_^)v

第2弾

工事の進み具合を・・・・・ってこの部分全然進んでいませんでした(^_^;)
この場所以外にも工事箇所があり、そちらの部分を先に済ませていたようです。ガックリ・・・・。
ということで活報はここまで(ーー;) 中々更新しないわりにこれで終わりかい!(-_-メ)

第3弾

下地工事が進んできました。仕上げ材で塗り古いブロックを隠します。
塗って隠す作業までは普通というか、誰でも想像出来ますよね(^_^)
そこで、既設のブロックに何やら新しくブロックが継ぎ足されていますね。それも庭の内部の方向に!「これだと邪魔になるんじゃない?」
いえいえそんな事もないですよ〜(^o^)丿逆に塀の強度がアップして地震に強いブロック塀に変身です(^o^)v
高い塀際には中高木の植栽をする事が多いですが、隣地境界のブロックの為、植木を植える事が出来ません。
そこで、古いブロックをぬって隠し、飾り付けが出来る壁に変身させます(^o^)。ただ塗るだけでなく、こんな方法も有ります!って紹介をしたのですが・・・・・。
次回は完成写真かな?
第4弾

完成しました〜〜(^o^)丿
かなり大きく変わりましたね!
この棚が大きな提案だったのです!表面を綺麗に塗り仕上げるのなら、もう少し手を加えてこんな風に形を変えると、庭仕事も楽しくなりそうですよね(^_^)
テーブル件花台ですが下の空いたスペースにも、ガーデニンググッズや道具も納まり、デザイン件実用性を兼ね備えていますね。
施主様もこの出来上がりの雰囲気を気に入っていただき、今度は収納棚を同じ雰囲気で製作して欲しいとの追加注文がありました(^o^)ただ今その収納棚のデザインを考え中ですが(^_^;)。
世界で一台の収納棚!期待して待ってて下さいね。
そしてこの工事の活報完了です!

第5弾

この活報、リガーデン工事は完了したはずですが、追加でおくの細長いスペースも「プチ・リガーデン」をする事になりました。
その場所は和室の前で、施主様も和風の雰囲気を出したいということで、和風坪庭?和風園路?にアレンジしました。
細長い場所なので袖垣も従来の規格品では大きすぎる為、現地で変形四つ目垣を造る事に、そして沓脱ぎ石も飛び石を兼用し、デザイン重視で造る事になりました。
全体的にも錆砂利を敷き詰め、植え込みもポイントだけの、万年青やシマヤブラン、主木に「メラリュウカ」としっとり渋めの植え込みになりました。
施主様も「こんな細長いスペースがここまで雰囲気が変るのか!」とビックリ!喜んでいただけました。

第6弾

実はこの工事終わったのですが、まだ他の場所に面白い?物を造った写真が有りますので紹介いたします。
見ての通り棚です。その棚にこだわって煉瓦で造ってみました。棚板は盆栽用の腐らない棚を使い、煉瓦の出っ張りに引っ掛けて使います。1段に100kgぐらいは大丈夫です(^o^)丿凄い〜〜です。
確かに煉瓦で造る為、大きさの割には棚の実用面積は少ないですが雰囲気重視でこだわりのオリジナル収納棚です。
ですがこれからはそんな時代!だと思います。
唐突に「そんな時代!」と言っても意味が分からないと思いますが、今までは、「まあまあカッコ良く、無駄が無く、使いやすく、低コスト、長持ちしない、種類は豊富、個性無し」
今回は棚に関して言うと、量販店などに売ってある物で、長持ちして、あなたの感性に合う個性的な物って有りますか?
中には有りますかね・・・・・(^^ゞ、でも、やはりこれからは、あなただけの物、長持ちしてエコロジー、年数と共に味が出てくる本物、が必要な時代です。多分そう思います・・・・。←少々弱気?(-.-)
今までの様に、安い物の使い捨て商品〜なんて、「自分の富しか考えない商売人の資本主義者」の罠にかかり、「あんまり使わないけど安いから買っとくか〜」なんてタンスや倉庫の肥やしを買っては、ゴミの日には大量の肥やしを捨てていませんか?・・・・・
どうしたんだ〜?今日の私・・・・変ですね(^_^;)
なんだか片寄った考えしか出来ない人みたいにダラダラと不平不満を美化したような意見を書きましたが、そのような事をなんとな〜く考えています!。
だから???
だからこだわったもの、その人に合った、オンリーワンの物を少しずつでも造っていきたいと思います。