三平楽住楽庭「自然なスタイル」

三平商事

■三原市・尾道市・福山市・竹原市で外構・エクステリア・造園・庭・ガーデン工事の設計施工をしている三平のホームページ楽住楽庭通信です■



自然なスタイル



第1弾

このお宅、一応はエクステリア工事は終わっていますが、少し中途半端になってしまっていますね。
その事も気になっておられたので、一部解体して大きくやり直していくことになりました。
この工事は大きく変化があると思います。現状を覚えておいて下さいね〜(^o^)丿。

第2弾

ありゃりゃ〜〜〜〜!何にも無くなってしまいました!
奇麗さっぱりと、ブロックを解体し、植え込みを抜き、掘っては捨て掘っては捨てみたいな感じで工事は進んで行きます。
このようなブロックやコンクリートを解体するときは、その工事をした会社や職人の腕が良く分かります!
解体しながら「へ〜こんなやり方してるんだ〜!」とか「こんなのでよく持つな〜(^_^;)」とか「ここまで丁寧に工事をしている会社が三平以外にもあるんだ〜(^^ゞ」とか、結構面白いです!
この写真・・・・作業の途中ですが、現場のスタッフが写真の中に居ない写真も不自然ですね(-.-) って書くこと無いからって写真の内容にそふらなくても良いじゃない! ハイ・・ゴメンナサイ・・
ここから造っていきますので、大きく変化が楽しめますよ!お楽しみ(^^)v。

第3弾

石の階段ができて来ました。
いい感じでしょ〜(^^)V 写真では少々わかりにくいですが、乱形の石を組み合わせて自然な感じになっていますね。ほんと山の中に石積みが崩れた場所で自然にできた階段をイメージしています。
石と石の間も土を残し、下草や苗を植え込めれるように計画しています。
施主様も草花、植栽などに詳しく、すでに何をどこに植えるかなんて計画も始まっています。
施工もそういった要望にそえるように、イメージを近づけ行っています。

第4弾

アプローチ周りが着々と出来ていっています。
乱形の「三鉄石」で階段からアプローチまで同じ材料で施工していますので、下手をするとノッペリしてしまりがなくなります。(-"-)
そこで写真にも有るように階段の最上段で御影石の太いものを置き、いったん素材の縁を切ります。(^^)
こうする事によって、アプローチがしまり、歩きやすいものになっていきます。
素材ではだけでなく、低木や草花でアクセントをつける方法もあります。この階段やアプローチもその低木、草花の植え込みスペースを計算しながら隙間をあけたり、水の流れを計算しながら自然風に石を敷いていきます。
唯一ブロックを積む門柱も着々と進んでいっています。
その手前にも90角の注入材(防腐剤を加圧注入してあり腐りにくい木材料)の立て込みもチラッと見えていますね。
どんな仕上がりになるのか楽しみです(^^♪

第5弾

さていったいこれはなんでしょう?
ブロックに黒い物体が刺さっていますね。木の杖は考えないことに事にして、いったいなんだろう?・・・・(@_@;)
半円形に見えるのであそこから何かが出てくるのだろうか?
でもブロックから出てくるものって何だろう?なぞは深まる・・・・(^_^;)

第6弾

今日も怠け心でこの活報を更新しないで帰ろうか?なんて思いながら、おりこうさんの私と、おなまけさんの私と葛藤の末こうやって、書いております(*_*;
怠け心は色んな言い訳や、理由を考え付きますね、それも即座に。これが仕事に生かせれば良いのにな〜、と今日この頃・・・。
今日は休日出勤だから・・・・、月曜日に右手の小指を柔道で負傷しキーボードがうまく押せないから・・・・・、お腹が減ってるから・・・・、今日は十分仕事したから・・・、分けわからなくなってしまいそう(@_@;)、これが本心なんですね・・・・。
さて活報。
この写真は建物の裏側、ちょうど勝手口の辺りです。
外部の生活空間で中と外がつながっているのは、玄関やリビング等からの掃き出しサッシ、そしてこの勝手口。
その場所によって、特徴があり、庭やエクステリアもその特徴に有ったものにしなければなりませんね。
考えて見ると、勝手口周りはあまり外から見られたり、お客さんはもちろん友達にもあまり見られたくないですよね。
そんな場所はきっちり隠した方が安心します。それもデザイン性や統一感が有ればなお良いですね!(^o^)/

第7弾

続き・・・。
そこでこんな感じにしてみました!
ってまた板塀?(@_@)・・・・・いやいや実は適材適所なんですって。
今はボコっと板塀が露出していますが、植栽でサラッとカバーしていきます。
とりあえず、一段階目としてきっちり隠す!でも防犯性も忘れていません!って感じですね。
この辺りの雰囲気も完成時には大きく変わっていきますので、この角度からも紹介していきたいと思っています。
お楽しみに〜〜\(◎o◎)/! ←なんだか意味と顔文字があってないカナ・・・・・。

第8弾

前回紹介させていただいた、勝手口側の板塀の内側です。
左側に見えるのが勝手口の階段、右側に見えるのが目隠しの板塀です。花壇も出来ていて目隠しの板塀にもつる物が這わせれるようになっていますね(^^)v
今回の紹介は園路です。
勝手口と板塀の間に小さな石を敷き詰め小石の園路を施工中です。
珍しいでしょ?多分、多分ですが、あまり無い施工方法だと思います。当社でも初めてです!(^^)!、もう少し大きな石とか、張る専用の石では多く施工していますが、ここまで小さな石での施工は初めてです。
ですが、植え込みスペースの間で、幅が狭い園路としてはバランスよくマッチしていると思います。
まだ、セメントが乾燥していないので、本来の雰囲気は出来ていませんが、かなり凝った雰囲気で下草や自然素材の材料にはマッチする仕上がりになるでしょう!

第9弾

いやいやいや・・・・・(>_<)確かにあっち行ったりこっち行ったりですね・・・・。
工事の進行上こうなってしまっています、ですが忘れてはいませんので、ご心配なく(*^。^*)
と・・・言いながら又もや園路の紹介(-"-)v
園路が伸びて勝手口から玄関周りまでつながってきています。この雰囲気、なかなかのものですよ〜って自分で言うのもどうかと思いますが・・・・(^^ゞ両脇に植え込みスペースを残して有りますので、中高木、下草類でこの園路もより引き立つでしょう〜!
園路の脇に既に、植栽が植え込んで有りますね、奥の方にも角材が建て込んであり、まだまだ変化の兆しアリ!

第10弾

やっと、気になる壁から出た突起物の種明かしです。ってほとんどの方が分かっている?かも知れませんが、あの壁の突起物からは水が出るのです!
水がチョロチョロと水音を奏でながら庭へ癒しをもたらす仕組みです。
水の受けにはメダカが飼える位の大きさに池を造っています。ちょうど門柱の裏で表からは見えないように配置しています。
でも音は聞こえるんですよね〜(^^♪
この門柱の裏側にはお得意のベンチも取り付きます。
庭仕事を終えて一息つく場所、そして癒しの水音。い〜じゃないですか〜!特にこの場所は門柱で半日陰、シェードガーデンに最適。
陰と陽を自然に造り出し、庭に変化をつけやすくなっています。

第11弾

完了致しました!
正面の写真です。まだ下草などを植え込んで無いところが多いので、雰囲気は少し変わってきますが、大方こんな雰囲気です。
来年の春はにぎやかに新芽を出してくることでしょう〜ね!(^^)!楽しみです!
今回の工事は前廻りだけでなく、園路沿いに楽しめるようなアイディアや下草も有りましたね。