このたびホームページをリニューアルしました。URLは変更ありません。引き続きよろしくお願いいたします。

「家の顔」門柱特集!発想とデザインで個性的に 印象的に 施工事例4件

「家の顔」門柱特集!発想とデザインで個性的に 印象的に 施工事例4件

「家の顔」ともいえる門柱。三平ならではの発想とデザインで、個性的に、また印象的に仕上がった施工事例4件をご紹介いたします。

①門柱の白い塗り壁からむき出しに見えるレンガがインパクト大!

塗り壁ブロックから、レンガがむき出しに見える門柱です。シンプルでスタイリッシュな黒の建物外観と、門柱を調和させた事例。

お施主さまは「レンガも好き!」ということで…結構「スタイリッシュ×レンガ」は難しいのですが、レンガの目地に白いブリックモルタルを効かせたことで、調和を生み出しています。目地は、レンガの自重で隙間から自然にはみ出させた表現となっています。塗り壁の自然なデコボコ加工も、職人のセンスが光っています。

②鉄のアングルをフレームとして木の板を貼った門柱は、広い芝生の庭とも相性ばっちり。自然な風合いで溶け込んでいます。

フレームが悪目立ちしないように、厚いアルミでなく薄いアイアンのアングルをセレクトし、溶接しています。そこに木の板を貼っていますが、厚さは薄めの門柱に仕上がっています。アイアンには錆び止めのために亜鉛メッキ加工を施しているので安心ですね。

珍しい小窓付き。小窓からのぞいてくれている2人のお子さんもカワイイですね(*^^)v

③背の高い鳥居型の門柱は、照明と郵便受け付き。

アルミフレームに白い木の板を貼り、自然に一体化しています。ゲートの役割を果たす鳥居があるので、「ここから先はプライベート空間です」という主張も感じられますね。

駐車場からアプローチを通って玄関に行くまで、1mの高低差があります。低い門柱だと、駐車場側から見たら印象が薄く、また玄関側から見ても頼りなく、バランスも悪い、と感じられますので、あえて2.5mと背の高い門柱としました。

鳥居より背の高い植栽のアイダモが全体のまとめ役。門柱が浮くことなく、風景に溶け込ませることができました。

④ピアノ教室の先生のお宅の門柱。もちろんモチーフはグランドピアノです。

ピアノの屋根部分は黒の塗り壁で仕上げました。階段に沿って建てていることから高低差のある鍵盤部分はタイルで作り、白鍵と黒鍵のサイズ比も実物を参考にしています。「歯」に見間違えられることのないように、距離感やバランスに気を付けて施工しました。

インパクトもじゅうぶんで、会話のきっかけにもなること間違いなし、ですネ(^^)/

参考にしていただけると嬉しいです(^^)/

タイトルとURLをコピーしました