このたびホームページをリニューアルしました。URLは変更ありません。引き続きよろしくお願いいたします。

ストーリーは壮大 ワンポイントプチガーデン

ストーリーは壮大 ワンポイントプチガーデン 第1弾

今回のこの工事、少々変わっています!どう変わってるかって?
む〜(;一_一)・・・・・

説明できません・・・実際に変わってるか?って聞かれると、いや〜(-_-;)分かりません・・・意味不明でゴメンナサイ。

このお宅なのですが、工事の範囲はあまり広くありません。
ま〜基本的に施工範囲や規模は関係ありませんからね、広くても狭くても考え方は同じ!施工の仕方も同じ!
多少段取りが違うぐらいですね。
この写真の玄関周りを施工しますよ。

まずは施工前の写真の紹介で・・・
この写真は一枚目の写真の反対側で、玄関のポーチへ入る階段部分です。
左右両方からポーチへ入れるようになっています!

お施主さまからの要望は、
1、玄関前の丸型の穴から、現在プランターに植わっている「エゴ」の木が見えるように植えたい。それも真ん中に植えたい。
2、玄関付近に水道を設けたい。
大まかに言うとそんな感じでした。
細かな指示はなかったのですが、建物の雰囲気に合った物で、デザインで・・・といった内容でした。デスよね?(-_-;)

そんなこんなで、プランニング、見積もり、打ち合わせ、を済ませ工事がスタートします。
どんな空間が出来るのでしょーーーー?


ストーリーは壮大 ワンポイントプチガーデン 第2弾

玄関前の、丸い穴の下へ花壇を作りました。
形が不揃いの煉瓦を丁寧に積み重ね、味がある仕上がりですね。
この煉瓦は、溶鉱炉などを作り変える時などに発生する、リサイクル煉瓦です。
リサイクルとはいえ、なかなかこんな味は出ませんよね〜(^^)
「アンティーク風」ではありませんよ。本物のアンティークなのです!
素材の雰囲気と職人の腕が重なって、満足のいく、物造りが始まるのですよね〜(-。-)y-゜゜゜
おっと忘れていました!デザインを考える人も重要ですよね〜

さて、玄関周りに水道を取り付けるといった条件をどうクリアーするか!・・・
簡単に言えば、カッコよくて、雰囲気が良い物でないと、玄関の近くにあるので見栄えが悪くなりますよね。
そこで考えました!

写真が立水洗の工事中写真ですが・・・・。
石です!立水洗が石です!
鉄平石を一枚一枚丁寧に、バランスを見ながら積み重ねて、立水洗にします。
スゴイ!カッコイーですよ〜(-。-)y-゜゜゜

その立水洗の横はアプローチです。

少々散らかっていますが・・・・
玄関までのアプローチの仕切りをこんな材料で仕切っています。
普通に瓦なのですが、かなり古いものです。
こんな材料でもなかなか手に入らない貴重な物で、気が付かなければゴミです・・・。
こんな風に仕切りに瓦を使うのであれば、新しい瓦だと雰囲気出ないですよね〜。

あの立水洗に、この古瓦の仕切り、どんな仕上がりになるのか楽しみです!


ストーリーは壮大 ワンポイントプチガーデン 第3弾

玄関前の水道工事はどうなったかな?
おおーっとなんだか石が積み上がって面白い雰囲気が出てきましたね〜(^_^)/
玄関前のあまり広くないスペースですが、既製品や出来合いの物を一切排除した、自然な空間をイメージしていますので、細かな所までこだわっています。

ズバーーンっと完成です。
蛇口がまだ真鍮のピカピカですが、数ヶ月するとくすんだ感じで雰囲気が出ますよ〜!
まさにオリジナル〜ですよね!
逆に同じ物を造ろうと思っても2度と同じ物は造れません・・・当たり前ですがね・・・。

さてさてアプローチですが、マサ土のタタキ〜(*^^)v
先日も違うお宅の工事で、使っていましたが、この工事でも地球に優しい、冬暖かく夏涼しい、踏み心地優しい〜、その材料が使われています!
カッコよく。瓦の一部も埋め込まれていますね。
それに、左側にはなにやら白い乱形の石?見たことあるような無いような・・・なんだー?気になるー!


ストーリーは壮大 ワンポイントプチガーデン 第4弾

工事完了です。

オリジナルの石積み立水洗ができています。
水は?排水が見当たりませんね・・・・(-_-;)

水は、白い乱形の煉瓦張りの部分に落ちて、砂利の方へ流れます。
その乱形煉瓦に砂利がかぶさっていますね。
その中に排水を造っています。

イメージ的には白い乱形の煉瓦貼りは川で、そこから流れた水が、砂浜のある海に流れ込む〜って感じです。
その海には色々な形の島があり、緑もあります・・・(^。^)

ま〜そうは、はっきりとは見えませんが、そんなイメージで造っています。
ですが、人それぞれに見え方はありますので、自由に想像しながらご覧下さい。

大きい小さいにかかわらず、プランやデザインにストーリーがあると良いと思います。
ストーリーにはドラマがありますからね。

ガーデンやエクステリアにかかわらず、提案を武器に仕事をしている方にとっては、ストーリーのある提案、ドラマがある提案って必要ですよね〜(^。^)
ワクワクドキドキって感じで!

工事のスペースとしては広くはないですが、こだわって造りこんだガーデンです。

タイトルとURLをコピーしました